社内報の編集・株式会社フレア

の評判

一般向けの書籍編集も企業向けの社内報も対応

編集プロダクションとして一般向けの書籍を手がけながら、企業向けの社内報やパンフレットにも業務を広げています。ターゲットは異なりますが、「伝えたい情報を効率よく伝える」という目的には変わりありません。一方で得たノウハウをもう一方にも生かしながら、より高い品質を常に目指しています。数多くの会社の中から選んでいただいたお客様の期待に応えるため、あくまでサポート役であることを忘れず、お客様の要望を叶えるために全力を尽くします。

経済の中心地で社員のやる気を高める社内報を編集

政治と経済の中心地である東京には、大小さまざまな企業が存在しています。出版やデザインを行う会社も多くある中、任せていただいたお客様の期待に応えるため、心がけているのは常に誠実でお客様の視点に立った対応です。ご依頼の多い社内向けの紙面では、いただいた原稿や写真の良さを最大限に引き出すことで、会社への愛着まで高めることを目指しています。どんなに社員の心を打つ文章でも、読んでもらえなければ意味がありません。書籍や雑誌づくりで鍛えたノウハウを生かして読者の興味を引き、読んでもらえる紙面をつくります。

社内向けの紙面が魅力的であれば、発行を楽しみにしてくれる社員も増え、そのままやる気や会社としての一体感へとつながっていきます。お客様の要望を叶えることを第一としていますが、「想像以上の効果があった」という、うれしい声をいただくことも多いです。

パンフレットや社内報の編集でビジネスをお手伝いします

パンフレットやカタログなどの社外へ向けた冊子はもちろん、社内向けの紙面も魅力的にデザインすることで、ビジネスを応援したいと考えています。売上に直接の影響はないと思われる社内向けの紙面も、会社への愛着や一体感を高めるためには大切です。会社の業績や社員の近況を伝えるだけでなく、理念や社風の浸透や、紙面を目にするかもしれない社員の家族へのアピールなどの効果も期待できます。広告や宣伝としてのパンフレットやカタログは、仕上がりがそのまま売上に影響するため特に大切です。

社風や商品の理解やターゲットの分析を丁寧に行うことから始め、形状やデザインの決定も、数多くの書籍や雑誌に携わった経験を活かして緻密に行います。経済の中心地である東京では、カタログやパンフレットが人目に触れる機会が特に多いため、小さなこだわりが大きな効果につながることも期待できます。

東京で社内報を編集する会社のひとつとして誠実に対応

東社内報のデザインを手がける会社が無数にある東京で、誠実で、お客様の視線に立った対応を行っています。編集プロダクションとして培った幅広い知識を持ち、それを生かしたデザインや構成を心がけていますが、プロの視点で見て最適な方法が、すべてのお客様にとって最適とは限りません。まずは一社ごとに異なる社風をしっかりと理解し、紙面を読んでほしいターゲットの分析を丁寧に行います。読みやすさだけを重視して、社風に合わない文章に書き直すようなことはせず、あくまでサポート役に立って提案を行います。

紙面をつくる上で重視しているのは、いただいた原稿や写真の魅力を最大限に引き出すことです。カラー印刷の場合は色の力を借りたり、フォントや文字の大きさを工夫したり、時には見出しを加えたりしながら、お客様が伝えたい情報が、読者である社員に最も伝わる紙面づくりを一緒に考えていきます。